Tableau のライセンスタイプ

今やかつてないほど、人々は仕事のやり方を改善するためにデータの利用を必要としていますが、データとの関わり方は人それぞれです。Tableau のユーザーベースライセンスでは、組織全体にいるあらゆるスキルレベルのユーザーにデータを広く導入することができます。Tableau のライセンスはユーザーに役割を適用して、データの異なる使い方を可能にしながら、管理された信頼できる方法でチームがデータを共有できるようにします。ユーザーベースの各オファーは、そのライセンスタイプに許可された機能セットに基づいて固有のガバナンスが組み込まれています。

ライセンスタイプは階層構造になっています。Creator は、Tableau Prep Builder、Tableau Desktop、および Tableau Server/Online のフル機能にアクセスしてコンテンツを作成できます。Explorer は、Tableau Server/Online のみを使用して Creator 機能の一部にアクセスし、パブリッシュされた既存のデータソースとワークブックを基に新しいコンテンツを作成できます。Viewer は、Tableau Server/Online のみを使用して、閲覧や操作の必要にあわせて、制限された機能セットを使用できます。

Tableau Creator

Creator ライセンスは、コンテンツを作成するユーザーを対象にしています。これには、管理されたデータの分析で他のユーザーが使用するデータソースの設計、クリーニング、整備、または他のユーザーが操作するビジュアライゼーションやダッシュボードの作成などが含まれます。また、ユーザーがどの情報を探せるかを決定する、ガバナンスとパーミッションのモデルの設計も含まれます。

Creator になるのは次のようなユーザーです。

  • 日々の職務で分析を行う
  • 数多くのデータソースを結合して分析を行う必要がある
  • 他のユーザーのためにデータソースを作成または整備する
  • データの分析に加え、データのクリーニングや分析に適した形式への変換を行う必要がある
  • Tableau Server か Tableau Online の導入環境を管理する

Tableau Explorer

Explorer ライセンスでは、Tableau Prep Builder の完全なデータ変換機能も、パブリッシュや生データソースへの接続の機能も必要としないユーザーが、管理された作成機能とデータ探索機能を利用できます。Explorer は、パブリッシュされたデータへのアクセスと分析、独自のダッシュボードの作成と配布、自身が作成したコンテンツや変更のパーミッションを持つコンテンツの管理を行えます。

Explorer になるのは次のようなユーザーです。

  • データを実際に操作することを好む事業部門のデータユーザー
  • 他のユーザーが整備しているデータソースを使って、独自のビジュアライゼーションを作成する必要がある
  • 他のユーザーが作成したビジュアライゼーションやダッシュボードを使って、変更やカスタマイズを行いたいと考えている
  • Tableau Server や Tableau Online のサイトにあるコンテンツを管理する

Tableau Viewer

Tableau Viewer では、パブリッシュされたビジュアライゼーションとダッシュボードを表示し操作することができます。Viewer には、パブリッシュされたコンテンツにアクセスし、誘導形式のドリルパスとフィルターを操作するためのパーミッションを付与することが可能です。また、ダッシュボードを登録して、定期的な更新情報やデータドリブンアラートを受け取ることもできます。

Viewer になるのは次のようなユーザーです。

  • 仕事でデータを重視したインサイトを必要としているが、掘り下げた分析を自ら行う時間またはスキルを持っていない
  • 他のユーザーが作成したビジュアライゼーションを操作したいと思っているが、自身では作成しない

組織のさまざまなビジネス部門が持つ関心の度合いに応じて、ライセンスタイプ (Creator、Explorer、Viewer) の割り当ては変わってきます。しかし、典型的な Tableau 導入環境では、何らかの責任を持つユーザーが適切なライセンスタイプとそれに応じた教育を確実に得られるようにする必要があります。

ありがとうございます!